おはようございます

おととい うちのワンコが手術しました
フレンチブルドッグです とっても ぶさかわなワンコです

画像を載せてもいいんだけど
見た人が引くほどすごいものなので
やっぱり やめておきます
口の下側に ぶら~んとブドウのふさのようにできたもの
お医者さんは 鳥のトサカみたいなものと思ったらいいですと言われてたけど
どんどんどんどん大きくなってきて 
ワンコって ブルブルって顔を振るでしょう
最近では 振るたびに 流血もするようになってました
それから 後ろ右足の内側に ブドウ大というか
南高梅ぐらいの 大きなできものが出来てました
これも 最初は小さかったので 気にしないようにしていましたが
あまりにも大きくなりました
お医者へは 元々皮膚病(フレブルは皮膚が弱いの)の薬をもらっていて
ワンコの診察はせず 薬だけもらいに行ってたんですけど
あの2つのできものが あまりに大きくなってきたので
診てもらいました

うちのワンコ フレブルの中でも身体が小さい方で
しかも 気管が細いから呼吸が荒いんです
元々フレブルって荒いと思いますが もっとひどいんです
だから この子は手術すること自体 不安要素があると言われていました

でも このできものの大きさをみて 
老犬ではあるけど この先 まだまだ付き合うのであれば
取った方がいいかもしれません
ただ この子は気管が弱いから 全身麻酔をして
目覚めるころ 人工呼吸を外して うまく呼吸ができるといいが
管を外して 気管がキュッとしまったら 窒息してしまう危険性があるといわれました

家族で話し合いました
手術をしたことで この元気なワンコが死んでしまうことがあるかもしれない
手術をしたことで 私たちがこの子の命をたたせることになるかもしれない
でも このままだと 口のところから血が出るし
足のできものは 皮膚がいつ破裂してもおかしくないぐらいパンパンに腫れてるし・・・
と 気持ちが揺れ動きました

娘に話した時 早く取った方がいいんじゃないん?って言いました
たしかに 死ということは抜きにして考えると 早く取ってあげたい
決心が固まりました

お医者さんに日にちの相談をしました
手術の日は22日に決まりました
平日なので 主人に有休はとれないのかと聞いたら
多分無理・・・って言ってたんだけど 結果取れました
娘に 手術の日が22日に決まったからとLINEしたら
待って!私 手術の日は帰ろうと思ってたんだから!!っていうの
今 神奈川にいるんですけど おお~(ノД`)・゜・。ってなりました
ワンコ 家族だもんね 大事な大事な私たちの家族
22日は 運よく休みだったんだけど 関東から日帰りはきついし
手術に間に合うには 前日に帰省して 
それなら術後も1日ついててやりたいというので
仕事の休みの調整をとり 私も娘が滞在している間は一緒にいたいので
勤務を変わってもらったりして みんながワンコのために動きました

急きょ 帰省することになり 飛行機で帰ってきました
もうね 帰る前からなんとなくわかってたけど
ワンコのことを思って 思いが沈んでるの
ちゃんと寝たかしらとこちらが不安になるほど
宇部空港に迎えに行って 自宅へ帰る途中も
車の中で 泣いてた
ワンコに会いたくて たまらない気持ちがとても伝わってきました
自宅に到着 ワンコとの再会に涙・・・
手術前日は ワンコのケアに精出す娘でした


続きは 土曜の夜か 日曜日にアップします(;^ω^)



・・・☆・・・委託販売先・・・☆・・・
 【カフェ アペゼ】
  防府市平和町16-15
   (作品 お休み中)

 【 Smile 】
  山口市道場門前1丁目1-13


拍手応援 感謝です(*´∀`人 ♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://handmadeplus.blog136.fc2.com/tb.php/570-239f7497